« いつか天魔の黒ウサギ(最終話:第12話) | トップページ | 輪るピングドラム(第11話) »

BLOOD-C(第11話)

もうなんと言って良いのか、言葉が出ない。香奈子[ CV:宮川美保 ]が怪しいとか、時真[ CV:鈴木達央 ]は何か知っていそうとか、そういうレベルじゃなかった。全てが小夜[ CV:水樹奈々 ]が"主演"の仕組まれた舞台だったとは・・・。

文人[ CV:野島健児 ]が明らかに怪しいという雰囲気は前々からあったけれど、やはりコイツが主犯格か。しかし小夜の回想にあったあの狼男みたいなのは・・誰だ?文人はその隣に居た人影だとすると、まさかの唯芳[ CV:藤原啓治 ]か?

しかし香奈子やねね[ CV:福圓美里 ]のの[ CV:福圓美里 ]、時真と優花[ CV:浅野真澄 ]逸樹[ CV:阿部敦 ]の対立を見ても分かるように、彼らも決して一枚岩じゃない。

結局、小夜はほとんど喋ることなく、蘇る記憶と現実に震えるばかり。あっという間に終わってしまった11話。小夜が人間ではないのでは?という予感はあったけれど、ここまで小夜にとって過酷な状況が待っているとは。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« いつか天魔の黒ウサギ(最終話:第12話) | トップページ | 輪るピングドラム(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52817429

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第11話):

» 妖かしを先に以下を後へ  魑魅魍魎のアニメより [義風捫虱堂]
夏目友人帳 参 第十三話「夏目遊戯帳」 BLOOD-C 第11話 ぬらりひょんの孫 千年魔京 第13話 [続きを読む]

受信: 2011年9月27日 (火) 21時28分

« いつか天魔の黒ウサギ(最終話:第12話) | トップページ | 輪るピングドラム(第11話) »