« ダンタリアンの書架(#8・第9話・第10話) | トップページ | 輪るピングドラム(第8話) »

BLOOD-C(第8話)

「もう誰も死なせはしない!」って勇ましくおっしゃってますが、小夜[ CV:水樹奈々 ]さん。既にクラスの何人かがお亡くなりになってますが・・・。

のの[ CV:福圓美里 ]ねね[ CV:福圓美里 ]のときもそう。パン屋の時もそう。「古きもの」と戦うことに使命感を感じてはいるものの、どうも本当に誰かを守ろうとしているのかどうか、小夜の行動には疑問が多い。

少しずつ想起されつつある小夜の記憶。実験、その勝者と敗者。そして褒美と罰。もう実験は終わった結果が今の小夜なのか?それとも今が実験の最中なのか?[ CV:福山潤 ]が小夜に思い出させようとしていることこそが、まさにそれなんだろう。

誰が味方で誰が敵なのか、全てが疑わしくなるような状況。本当に小夜の味方になってくれる人は唯芳[ CV:藤原啓治 ]文人[ CV:野島健児 ]ではなくて、時真[ CV:鈴木達央 ]なんじゃないだろうか。

BLOOD-C(@TBS) / アニメーション制作:Production I.G

|

« ダンタリアンの書架(#8・第9話・第10話) | トップページ | 輪るピングドラム(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52641837

この記事へのトラックバック一覧です: BLOOD-C(第8話):

« ダンタリアンの書架(#8・第9話・第10話) | トップページ | 輪るピングドラム(第8話) »