« 神のみぞ知るセカイ(OVA:4人とアイドル) | トップページ | 神様ドォルズ(第12話) »

TIGER&BUNNY(最終話:第25話)

▼最終話
こんな事で虎徹[ CV:平田広明 ]が死ぬわけがない!という視聴者の期待にお応えして、思いっきり白けた復活の合い言葉と共に虎徹が帰還。ま~分かってはいたけれど、最後の最後まで虎徹の空気のよめなさ加減は、もう芸術の域ですな。

そんな虎徹の復活以上に驚きだったのは、ブルーローズ[ CV:寿美菜子 ]の反応だ。「心配させないでよね!」的なツンモード発動かと思いきや、まさか大泣きして虎徹に抱きつくとは・・。これは一気に二人の中も進展か?と期待をさせつつ、ブルーローズと虎徹の絡みはここでお終い。

しかしストーリーそのものは、何とも微妙な終幕となった。最後は自らの力自らの記憶と、そして人格すら消してしまったマーベリック[ CV:福田信昭 ]。そのマーベリックもルナティック[ CV:遊佐浩二 ]に殺され・・・。

新聞など随所のインタビューで監督が「2期あるかもよ」的な発言をしていたとは言え、これは意外とスッキリ終わりそうだと思っていただけに、未だ全容の見えないウロボロスと、そして「バツイチ子持ちを落とす100の方法」なる指南書を熟読していたカリーナ。2期に向けた仕込みも万全だ。

ところで、サマンサおばさんは無事救出されたんだろうか?

▼古典的なヒーロー物
この作品のストーリーは、日本のアニメ的というよりは、B級ハリウッド映画的なそれに近いような気がする。裏の裏をかく心情描写や世界観を深く描き出すための演出とか、そういう精緻な技法にはたよらず、ひたすら直球勝負!TIGER&BUNNYの場合、これがドンピシャだった。正義と悪の構図がはっきりしていて、世界観もすぐに頭に入ってくる。このわかりやすさが良い。

▼ストーリーと絡み合うキャラクター
そんな直球ストーリーと、そしてそこらに居そうな普通のおっさんサラリーマン虎徹と、イケメンヒーローバーナビー[ CV:森田成一 ]。これがまた絶妙な組み合わせ。正義をひたすらに貫き通す虎徹の生き様は、誰が見ても"格好いい"と思うし、虎徹が活躍してくれるとスカッとした気分になれる。フィクションの世界に生きながら、虎徹にはものすごく親近感を感じた。

▼商業的な成功
放送開始当時、その目新しい広告手法から「果たして商業的にどうなるか?」という疑問があった。結果として、この作品はおそらく商業的に成功した部類に入るはず。初回生産分がそんなに多くなかったとは言え、Blu-rayの1巻はかなりの長期にわたって品切れだったし、ヒーローたちへのスポンサードもかなり問い合わせがあったと新聞記事で読んだ。

だからといって、決してスポンサーに媚びるようなストーリーにはなっていなかった点には好感が持てる。今回は実験的な意味合いが強かったとは思うけれど、こういう新しい資金集めの方法にチャレンジした作品が成功してくれると、アニメーション業界の未来も少し明るくはならないだろうか?

TIGER&BUNNY(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 神のみぞ知るセカイ(OVA:4人とアイドル) | トップページ | 神様ドォルズ(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/52796460

この記事へのトラックバック一覧です: TIGER&BUNNY(最終話:第25話):

« 神のみぞ知るセカイ(OVA:4人とアイドル) | トップページ | 神様ドォルズ(第12話) »