« ベン・トー(第2話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(第3話) »

未来日記(第2話)

あれだけの生徒がまだ学校にいるのにもかかわらず、全くためらうことなく次々と爆弾を爆破させるみねね(9th)[ CV:相沢舞 ]。いやぁ、これは流石に見てても不快になるくらい、受け入れがたい精神の持ち主が未来日記を手にしたもんだ。

精神を破綻した犯罪者というだけじゃない。彼女の本当の怖さは、雪輝[ CV:富樫美鈴 ]に詰め寄られ、ダーツで携帯電話を壊されそうになった瞬間。その携帯電話を下ろし、自らの目と引き替えにしたその冷静さ。彼女があの瞬間を日記で予知できていたとはとても思えないしね。

とは言え、果たして雪輝が由乃[ CV:村田知沙 ]に頼ったことが、正解なんだろうかという疑問が。雪輝は由乃のことを利用しているつもりかもしれないけれど、どう考えても由乃の方が一枚上手だと思う。来須(4th)[ CV:田中正彦 ]の"同盟"も、ものすごくうさんくさい。

ところで、本編終了後のムルムル[ CV:本田愛美 ]によるストーリーの捕捉。これは原作で描かれているけれどアニメでは端折っている部分の解説なのか?もしそうだとすると原作組からは不評を買うかもしれないけど、未読組にはものすごく嬉しいコンテンツ。どうして4thと9thが雪輝の元へやってきたのか、疑問に思っていたところだ。

未来日記(@テレ玉) / アニメーション制作:アスリード

|

« ベン・トー(第2話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53019253

この記事へのトラックバック一覧です: 未来日記(第2話):

« ベン・トー(第2話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(第3話) »