« 君と僕。(第3話) | トップページ | マケン姫っ!(第3話) »

ちはやふる(第3話)

「かるた」で出会った3人が、「かるた」から離れると同時に、離ればなれになってしまう―。こういう過去のエピソードで、作品の核になる部分で、そして敢えて少しずつ、小出しにしていくことでストーリーを盛り上げるっていう手法が、お約束になっているように思う。

それを敢えてこうやって全部見せてくれることで、ストーリーへの思い入れが、より強くなる。1話での千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]太一[ CV:宮野真守 ]の微妙な距離感も納得がいくし、[ CV:細谷佳正 ]はどうしてるんだろう?という疑問も。

しかし小学生の千早を見ていると、1話以来ご無沙汰でOPでしか見られない高校生の千早が、めちゃくちゃ美人ってことがよく分かる。「可愛い」を通り越して、まさに「美しい」の領域なんだよなぁ。ショートで無造作だった髪の毛も、ロングのストレート。

そんな外観パーフェクトな千早が、何故にかるたなのか?その理由を嫌と言うほど印象づけて、いよいよストーリーは高校生に戻ってきそう。まずは新がどうしているのか、それが知りたい。

ちはやふる(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 君と僕。(第3話) | トップページ | マケン姫っ!(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53034846

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる(第3話):

« 君と僕。(第3話) | トップページ | マケン姫っ!(第3話) »