« バクマン。2(第4話) | トップページ | WORKING'!!(第4話) »

Fate/Zero(第4話)

まずは切嗣[ CV:小山力也 ]の思惑が、功を奏した形だ。おそらく一時とは言え、少なくとも綺礼[ CV:中田譲治 ]時臣[ CV:速水将 ]には、「セイバー[ CV:川澄綾子 ]のマスターがアイリスフィール[ CV:大原さやか ]」という認識を持たせたんだから。

そんな頭脳戦と、そしてセイバーとランサー[ CV:緑川光 ]の激しい肉弾戦。対照的な戦いだけれど、とにかくどちらも見所がありすぎ。今回も圧倒的な情報量ながら、それがスッと染みこんでくるように、作品の世界観に没頭してしまった。

しかし、まずはセイバーにとって最初の戦闘だし、ましてやランサーのみてくれからしてそうそう苦戦もしないだろうと高をくくっていたんだけど・・。まさか初戦でここまでの苦戦を強いられるとは。空気を読まず突撃してきたライダー[ CV:大塚明夫 ]のおかげで助かったと言えるだろう。

それにしても、後ろにマスターであるウェイバー[ CV:浪川大輔 ]を乗っけて来ちゃうし、自らの正体も名乗っちゃうし・・。豪快なのは分かるけど、コイツはホントに大丈夫か・・。

Fate/Zero(@TOKYO MX) / アニメーション制作:ufotable

|

« バクマン。2(第4話) | トップページ | WORKING'!!(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53064168

この記事へのトラックバック一覧です: Fate/Zero(第4話):

» (アニメ感想) Fate/Zero 第4話 「魔槍の刃」 [ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人]
Fate/Zero (2) (角川コミックス・エース 345-4)(2011/10/01)真じろう商品詳細を見る 倉庫街でランサーと対峙したセイバー。 両者間の緊張が高まる中、闘いの火蓋が切って落とされる。 英霊...... [続きを読む]

受信: 2011年10月27日 (木) 19時10分

« バクマン。2(第4話) | トップページ | WORKING'!!(第4話) »