« 境界線上のホライゾン(第4話) | トップページ | 君と僕。(第4話) »

たまゆら~hitotose~(第4話)

4人の中では一見して一番大人っぽいと俺が勝手に思っている麻音[ CV:儀武ゆう子 ]。どうにも大人しすぎて、もうちょっと自己主張しても良いのでは?とも思っていたけど、いやいや、実際はそんな事はなかったみたいだ。

何よりも、実家の旅館の仕事を手伝っている時の麻音には、普段のちょっとほわっとした麻音とはまるで違う"活力"がみなぎっていた。今すぐに旅館の仕事を継ぎたい!という情熱とはちょっと違うと思うんだけど、自分が生まれ育った島と旅館という場所が、何よりも大好きで、そして誇りに思っているってことは十分に伝わった。

しかし麻音がこれだけしっかりしてるとなると、のりえ[ CV:井口裕香 ]の子供っぽさがますます際立つな(笑)。今回もひとり[ CV:宮本佳那子 ]にじゃれついて大はしゃぎだし。まぁそれがのりえの良いところっていう言い方も出来るけどね。

ところで、提供クレジット読みはこれで良いのか?(笑)。

たまゆら~hitotose~(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TYOアニメーションズ

|

« 境界線上のホライゾン(第4話) | トップページ | 君と僕。(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53084999

この記事へのトラックバック一覧です: たまゆら~hitotose~(第4話):

« 境界線上のホライゾン(第4話) | トップページ | 君と僕。(第4話) »