« 僕は友達が少ない(第4話) | トップページ | ギルティクラウン(第3話) »

UN-GO(第3話)

風守が怪しげな覆面を常に被っていたことからして、「中身は別の人間なんじゃないか?」という疑いは当然あった。しかしそうなると、簡単には説明できない事も出てくる。じゃあその別の人間って誰?そもそも、その別の人間をあのような形で殺す意味は?

そんな疑問は、風守が「ロボット」という、これは意表を突かれたトリックで覆された。いや、正確には前者の疑問が覆された。俺はてっきり、光子[ CV:椎名へきる ]が犯人じゃないのか?と疑っていたのに。

だから因果[ CV:豊崎愛生 ]糸路[ CV:松岡洋子 ]に迫ったときには、完全に混乱していた。

しかしだ、もう1つの理由は風守がロボットというだけでは説明できない。そもそもこれまで隠し通してきたはずなのに、なぜこのタイミングで焼身自殺に見せかけて風守の存在を抹消する必要があったのか?そしてそれが誰の企みなのか?俺はまだ、光子が完全にシロではないと思っているんだけど、どうだろう。

UN-GO(@フジテレビ) / アニメーション制作:BONES

|

« 僕は友達が少ない(第4話) | トップページ | ギルティクラウン(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53106864

この記事へのトラックバック一覧です: UN-GO(第3話):

« 僕は友達が少ない(第4話) | トップページ | ギルティクラウン(第3話) »