« ペルソナ4(第6話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第7話) »

輪るピングドラム(第18話)

陽毬[ CV:荒川美穂 ]をつなぎ止める鋼鉄のワイヤー。いくらなんでも、アレを人が掴んで支えるなんて・・・。ましてや素手でなんて、手が使い物にならないほどボロボロになるぞ。見てるだけで目を背けたくなるような、痛々しいシーン。

閑話休題。手の傷と言えば、多蕗[ CV:石田彰 ]の手が映る度に気になっていた傷。まるで指を切り落とそうとしたかのように、大きく傷の跡が残る多蕗の手。なるほど、多蕗自身もコンプレックスと共に生きてきた訳か。とは言え、彼の行動に同情するつもりは無いけどね。

それでも結局悪人になりきれないのが、多蕗。最後は・・多蕗が陽毬を助けたんだよな?あの状況でどうやって?という気はするが、ともあれこれで多蕗が「復讐」と言い出すことは、本当に無いと思う。そしてゆり[ CV:能登麻美子 ]に別れを告げる。たぶんゆりのビンタには、単なる家族ごっこじゃない気持ちがこもっていたはずなのにね。

ところで、陽毬のピンチに無駄にダッシュしたペンギン1号!ここぞというこの場面で、遂に活躍の時が・・・来なかったか(笑)。

輪るピングドラム(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« ペルソナ4(第6話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第7話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53226229

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム(第18話):

« ペルソナ4(第6話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第7話) »