« 輪るピングドラム(第17話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第6話) »

バクマン。2(第6話)

「プロだから、入院していても書き続けなければいけない」―。最高[ CV:阿部敦 ]の言葉を聞いて、やっぱりまだ若いんだなと思った。そんな最高を信じてると言ってしまう美保[ CV:早水沙織 ]も、原稿を持ってきてしまった秋人[ CV:日野聡 ]もだ。

今休むわけにはいかない。最高のその気持ちは痛いほど分かる。だけど、自分の身体の状態を理解して、自分がベストのパフォーマンスを出せる状態なのか、そしてこの先もマンガを書き続けられるのか?ということを加味して、休むべきという判断を下せる人こそ、俺はプロだと思うね。

とは言え、今の最高には、休んでしまったら週刊連載を失いかねないという焦りが相当に大きいんだろう。川口たろう[ CV:浜田賢二 ]という存在を見続けてきたこともその原因の1つのような気がする。それでも、誰かが今の最高を止めてあげないと、それこそ「偽探偵TRAP」が絶筆になってしまうぞ・・。

その点では、今のところ香耶[ CV:矢作紗友里 ]が一番頼りになりそうだけどな。

バクマン。(@Eテレ) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 輪るピングドラム(第17話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53173516

この記事へのトラックバック一覧です: バクマン。2(第6話):

» バクマン。&妖怪人間&バブ&トリコ [別館ヒガシ日記]
は なったが 結局 亜豆ネタだし 執念も明らかに無謀で [続きを読む]

受信: 2011年11月 7日 (月) 20時07分

« 輪るピングドラム(第17話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(第6話) »