« UN-GO(第7話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第8話) »

ギルティクラウン(第7話)

"善意の市民"、か。いや~、やられたな。四分儀[ CV:子安武人 ]が思わせぶりに言い出すまで、全く気づかなかった。勘のいい人はもしかして、途中で「もしかして?」と思ってたりするか?今回はそんな思考を巡らせる余裕もなく、飛んでくるミサイルを果たして[ CV:梶裕貴 ]が防げるのか?ということに意識が行っていた。

今回が初登場の生徒会長、亞里沙[ CV:遠藤綾 ]。ボイドを取り出された彼女が目覚めた時、そこにいたのは・・・やっぱり[ CV:中村悠一 ]だったか。毎回、多少なりとも良いところがある集だけど、今回は完全に涯の引き立て役だったな。

葬儀社が供奉院と組む事になった以上、これからも亞里沙とは顔を合わせることが多そう。いやいや、集はいのり[ CV:茅野愛衣 ]との距離が再び縮まった方にいっぱいいっぱいで、それどころじゃないか。しかし綾瀬[ CV:花澤香菜 ]といい、亞里沙といい、男耐性の無いキャラが多いな。

ところでちょっと気になるのは、集の母親(若すぎないか?)である春香[ CV:藤村知可 ]が、供奉院と関係がありそうってところなんだよなぁ。いずれ集とも顔を合わせる時が来るだろうか。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« UN-GO(第7話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53334458

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(第7話):

« UN-GO(第7話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第8話) »