« マケン姫っ!(第8話) | トップページ | 君と僕。(第8話) »

ましろ色シンフォニー(第8話)

ここしばらくのエピソードは、紗凪[ CV:吉田真弓 ]視点でのストーリー。新吾[ CV:水島大宙 ]への気持ちが強くなればなるほど、みう[ CV:力丸乃りこ ]と新吾の関係に、自分の気持ちの整理が付かなくなってくる。子猫に向かって自分の名前を叫んでいる様子は、何とも痛々しい。

新吾がもっとはっきりした態度を取れ―と言いたい所ではあるけれど、いまのところ新吾にとっては紗凪もみうもクラスメイトと先輩という位置から大きく越えてはいないみたいなんだよな~。多くの恋愛ADV原作のアニメと違って、新吾が本当のところどう思っているのか?ってところが実に見えにくい。それ故に、紗凪の気持ちが実るのか実らないのか、なんとももどかしい。

そして、少し離れたところから見ている愛理[ CV:小野涼子 ]の悲しそうな表情。たぶん愛理は紗凪が新吾をどんどん好きになっていく様子を、見て感じ取っているはず。さらには新吾がみうを、みうが新吾を好きなんじゃないか?って気持ちで、これまた自分の気持ちと葛藤してる。

作品の、そしてリアルの季節が冬に向かっていくに連れて、ストーリーもキュッと身がしまるような、そんな切ない展開になっていきそうだ。

ましろ色シンフォニー(@テレ玉) / アニメーション制作:マングローブ

|

« マケン姫っ!(第8話) | トップページ | 君と僕。(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53314456

この記事へのトラックバック一覧です: ましろ色シンフォニー(第8話):

« マケン姫っ!(第8話) | トップページ | 君と僕。(第8話) »