« UN-GO(第10話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) »

ギルティクラウン(第10話)

最低だよ、[ CV:梶裕貴 ]。ある程度分かっていたこととは言え、最後にいのり[ CV:茅野愛衣 ]が差し出した"唄"を払いのけ、自分の寂しさをむりやり[ CV:嶋村侑 ]にぶつけ・・。

集に同調する気にはなれない。同情もしない。だけど、集の気持ちの中で、それだけボイドという存在が心に大きな傷を残しているのもまた、事実なんだろう。何の面白みもない、"良い子"の主人公と違って、集っていう存在がものすごく人間っぽいうとも思うし、この何とも言えないイライラが、作品への没入が高くなっている証拠だ。

そんな集個人の悩みとは全く別のところで、"石"の力再び。GHQも一枚岩という訳では無いみたい。これで再び「ラストクリスマス」の悲劇が起こるようなことがあれば、それこそ集は二度と立ち直れないんじゃないか?それでも、集には彼を支えてくれるクラスメイトがいるはず。守るために使うっていう決心が出来るかどうかだな。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« UN-GO(第10話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53500122

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(第10話):

« UN-GO(第10話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) »