« ましろ色シンフォニー(第10話) | トップページ | へうげもの(第34話) »

ちはやふる(第10話)

かるた部の公式戦デビュー!今の部員の実力を考えれば、千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]太一[ CV:宮野真守 ]肉まんくん[ CV:奈良徹 ]の3人で勝ち星を拾うという考えは、至極まっとう。だからといって、まるで机くん[ CV:代永翼 ]が"オマケ"みたいな言い方はな~。

机くんがあれだけ本気で怒ったって事は、それだけかるたに対して真剣に取り組んでいたってことだと思う。自分の実力が足りないと理解した上で、それでも精一杯のことをやってやる!という意気込みはあった。普段なら千早がその辺をくみ取ってくれるはずなんだけど、今回は千早が初試合で完全に舞い上がってたからな~。

そして千早のように感性で戦う人にとって、心の動揺ほど大敵はないだろう。そこはすなわち、今の千早の弱点でもあるんだろうな。机くんを気にするあまり相手のペースに飲まれ、そして自分のスタイルを見失う。いつかそんな時が来るような気がしてたけどね。

それにしても太一のフォローは何と完璧なことか。普通の女の子だったら完全に惚れただろ、今回は。今はまだ、かるた部が一つのチームになりつつある成長段階。それでも、決勝が楽しみになってきた。

ちはやふる(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« ましろ色シンフォニー(第10話) | トップページ | へうげもの(第34話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53437967

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる(第10話):

« ましろ色シンフォニー(第10話) | トップページ | へうげもの(第34話) »