« ベン・トー(第10話) | トップページ | 未来日記(第10話) »

境界線上のホライゾン(第11話)

トーリ[ CV:福山潤 ]が戦況をひっくり返すために取った作戦。「悲しみの感情を抱くことで自らが消滅する」というそのとてつもない副作用を聞かされたとき、思わず「えっ!」と叫んでしまった。OPで何気なく描かれていたトーリの力に、そんな裏があったとは・・。

そんなトーリに報いるべく、正純[ CV:沢城みゆき ]の取った"牛歩戦術"が実に痛快!インノケンティウス[ CV:中田譲治 ]の性格も十分に理解した上での相対。これがまさしく、勝負に勝って試合に負けるってヤツですか?

一見すると戦況が武蔵に有利に見えたんだけど、宗茂[ CV:杉田智和 ]二代[ CV:小林ゆう ]の相対で、戦況は急激にK.P.A. Italiaに傾くことに。一進一退の攻防、かなり見応えのあるエピソードだった。

ところで、この作品は分割2クールらしく、12月で1クールが終わり2クール目は2012年の4月かららしい。続けてくれないと、登場人物を覚えていられる自信が無い・・・。

境界線上のホライゾン(@TVK) / アニメーション制作:サンライズ

|

« ベン・トー(第10話) | トップページ | 未来日記(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53472117

この記事へのトラックバック一覧です: 境界線上のホライゾン(第11話):

« ベン・トー(第10話) | トップページ | 未来日記(第10話) »