« UN-GO(最終話:第11話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第12話) »

ギルティクラウン(第11話)

いのり[ CV:茅野愛衣 ][ CV:梶裕貴 ]がレーダー棟の上で向かい合ったとき、ものすごくイヤな予感がした。もしかして狙撃されるんじゃないか?それともエンドレイヴがどこからか現れるんじゃないか?だからもっと早く、もっと早くいのりの元へ駆け寄って!

その心配が杞憂に終わってくれれば良かったんだけど、そのイヤな予感は実に静かにいのりの後方から姿を見せた。というか、どこから来たんだ?そしてそのまま、いのりからボイドを取り出す・・。集にしてみれば、何が起こっているのかを理解する前に、[ CV:中村悠一 ]がその身を呈していた、という感じだろうな。

ようやく集が自分の力と向き合い、そして自分の意志と言葉でここまで来たはずなのに。その結末がこれじゃああまりにも報われない。何をするにしても、今の集にとって涯の存在はものすごく大きかっただけに、もしそれを失ってしまったら?そもそも葬儀社も涯の存在無くしては、絶対に成立しない。まだストーリーは折り返し点だと言うのに、八方ふさがりの感すら漂う。

ところで、花音[ CV:寿美菜子 ]は今回「初ボイド」だったはずなのに、随分と軽く流されてしまったな。ボイドを取り出すときの反応が楽しみだったのに。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« UN-GO(最終話:第11話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53549375

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(第11話):

« UN-GO(最終話:第11話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第12話) »