« マケン姫っ!(最終話:第13話) | トップページ | THE IDOLM@STER(最終話:第25話) »

ましろ色シンフォニー(最終話:第12話)

▼最終話
この作品の象徴とも言える存在だったぱんにゃ[ CV:櫻井浩美 ]との別れ。それを最終話のエピソードとして入れてくるとは、実に絶妙なシリーズ構成だ。みう[ CV:力丸乃りこ ]にとって、新吾[ CV:水島大宙 ]との出会いとセットになった、人生の転機とも言えるべき瞬間なんじゃないだろうか。

それでも、これがみうとぱんにゃの最後の別れにはならないはず。そう思っていたからこそ、最後にぱんにゃの声が大きく響くだけのあの演出には、すっかりやられてしまった。ぱんにゃとのお別れを決めてから、明らかな空元気が痛々しく見えたことも、最後にみうの方を振り返ったぱんにゃの笑顔(?)も、全てが「思い出」として刻まれたのは、まさにこの瞬間だったんじゃないだろうか。

愛理[ CV:小野涼子 ]紗凪[ CV:吉田真弓 ]にも、部室でイチャつくみうと新吾を覗き見るくらいの余裕が出てきてたし、最後はまさに「ハッピーエンド」という表現がピッタリな、清々しい気分になれる最終話だった。

▼ストレートなラブストーリー
エロゲ原作ということもあり、内容に変化球があることはある程度覚悟してたんだけど、これは実に見事な直球勝負だったな。ラノベやマンガ原作でも、ここまで純粋に恋愛をテーマにする作品はそう多くないと思う。それだけ、シナリオに「魅せる」力があったし、説得力のある内容だったと思う。粗を捜してやろうというひねた気持ちよりも、純粋に愛理や紗凪の気持ちがどうなるのか、そこに引き込まれていた。

▼豊かなキャラクターの表現
好きな人に対する気持ち。主に愛理、紗凪、みゆの3人に関してってことになるけど、とにかく彼女たちの心の揺れ動く様は、時には励ましたくもなり、時にはハッパをかけたくもなり。そして恋に破れた彼女たちの姿にいたたまれなくなり。メインヒロインだけならともかく、ここまでヒロインそれぞれの個性を描ききれるのは、凄い事だと思う。強いて言えば、桜乃[ CV:後藤麻衣 ]が完全に蚊帳の外ってのが・・。

▼ヒロインは可愛いか?
当然ながら、ジャンルがジャンルだけに女の子が可愛くないと話にならないんだけど、その点はTVアニメとしては申し分の無い出来。アップのシーンでは、女の子たちの瞳の輪郭に色が着いてるっていう独特の彩色には、最後まで馴染めなかったけどね。バストアップくらいまで引くと、普通に黒なんだけど。なんでこういうデザインにしたんだろう。

ましろ色シンフォニー(@テレ玉) / アニメーション制作:マングローブ

|

« マケン姫っ!(最終話:第13話) | トップページ | THE IDOLM@STER(最終話:第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53544077

この記事へのトラックバック一覧です: ましろ色シンフォニー(最終話:第12話):

« マケン姫っ!(最終話:第13話) | トップページ | THE IDOLM@STER(最終話:第25話) »