« 未来日記(第12話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(最終話:第13話) »

ベン・トー(最終話:第12話)

▼最終話
ヘラクレスの棍棒[ CV:石田彰 ]の言葉を聞いて、雨の中をダッシュで何処かへ走り去ってしまう[ CV:下野紘 ]。まさか、[ CV:田村ゆかり ][ CV:堀江由衣 ]姉妹を見捨てて、そのまま何処かへ・・・ってことは無いよな?

なかなか姿を見せない洋にヤキモキしながらも、ヘラクレスの棍棒の「駆逐」方法とその卑怯さを知るや、とにかく誰か何とかしてくれ!という気持ちだった。そんな中、再び戻ってきた洋!・・・なんだけど、これまたすぐに行動に移さない。ここで再びのじれったい時間が流れる。まさか洋にここまで焦らされる展開がやってこようとは(笑)。

最終話なのに[ CV:伊瀬茉莉也 ]はちっとも活躍しなかったけど、暗くなった仙の部屋で、洋と二人で月桂冠のうなぎ弁当を食べる仙を見ていたら、もう全てを忘れて思わず笑顔になってしまう。そしてお腹も空いてしまう。美しい師弟愛で綺麗にフィナーレを迎えた。

▼1クールがジャストサイズ
半額弁当を巡る狼たちの戦い―。1話からその突拍子も無い設定と、それをひたすら真面目なバトルアクションに仕立ててしまった原作のパワーに押されっぱなし。そしてこの勢いを最後まで保つために、1クール12話というスケールはまさにピッタリ。最後までしょーもない題材を、マジメに熱く語り続けたストーリー。これ以上続けると、それこそ賞味期限切れになりかねなかったと思う。

▼キャラクターも急成長
半額弁当を巡る戦いの中で、洋が苦杯をなめながらも徐々に成長していく・・・なんて悠長なことは言ってられなくて、とにかく短期決戦故、そのあたりは良い具合にグッと尺を詰めてある。所々でその変態パワーを披露してくれる洋と、それを全く理解してない天然の仙。この仙の「計算されてない可愛さ」も反則だよな~。そしてもちろん、そのステキな容姿もね。

▼後半は作画失速
前半はバトルシーンも含めてかなり頑張っていたんだけど、最後の2話あたりはホワイトラインのグロス請けでバトルシーンもかなりクオリティが低下。演出も絵コンテも悪くないと思うし、カメラワークとかも相変わらずの迫力だっただけに、これはもう純粋に原画と動画の"質"が落ちたとしたか言いようがない。せっかくのクライマックスなのに、そこだけが残念だった。

ベン・トー(@TVK) / アニメーション制作:david production

|

« 未来日記(第12話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(最終話:第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53578991

この記事へのトラックバック一覧です: ベン・トー(最終話:第12話):

« 未来日記(第12話) | トップページ | 境界線上のホライゾン(最終話:第13話) »