« WORKING'!!(第12話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(最終話:第12話) »

真剣で私に恋しなさい!!(最終話:第12話)

▼最終話
ラブコメという点に視点を当てれば、大和[ CV:神谷浩史 ]は結局どっちつかず、ハーレム状態のままストーリーはフィナーレ。最終話という意味では、バトルの緊張感を維持しつつ、百代[ CV:浅川悠 ]を始めそれぞれの見せ場もあって、実に綺麗にまとまった。

いつの間にかストーリーが国家論にすりかわっていて、これでつまらん終わり方をしたら散々叩いてやろうと準備していたんだけど、そこもまた大和がしっかりとまとめてくれちゃったので、シナリオとしても良くできた内容だったと思う。それでいて最後は釈迦堂[ CV:藤原啓治 ]の爆破オチっていうしょうーもなさも面白かった。

そんなわけで作品としてはあまりケチの付け所のない内容だったはずなんだけど、どうも俺には消化不良の感じが残った。どうせなら最後は大和が百代とくっついて終わっても良いんじゃないか?もしくは、一子[ CV:友永朱音 ][ CV:氷青 ]でも良い。何かアクションが欲しかった。

まだまだ作品としての広がりを残した終わり方。2期をやるつもりなんだろうか?

▼キャラクターへの思い入れ
ラブコメ含め、「恋愛」がある程度テーマになる作品においては、俺は誰か一人、お気に入りのヒロインを見つけて見る事が多い。その子と主人公が上手くいくことが時には嬉しいし、時にはあまり祝福できなかったり。そのあたりは作品によって変わってくるんだけど、どうにもこの作品にはお気に入りが出来なかったんだよね。結局それが全て。第三者視点以上に入り込んで楽しむ所までは届かなかった。

▼バトルシナリオ
ラブコメ的にあまりのめり込めないとなると、この作品のもう1つの見所はバトルだ。大和はそれほどでもないんだけど、ヒロインが次々と強敵に立ち向かっていくという展開は、なかなか他では見られない。まぁそれ故にキャラが被ってしまう感もあったのは確か。バランスが難しいよね。戦いの緊張感を楽しむという意味では、この作品は良くできていたと思う。

▼新進気鋭のスタジオ
ラルケにとっての初テレビシリーズとなった今作。これだけ多くの登場人物がいて、そして毎回のバトルシーンともなれば、かなりのパワーを要した作品だったはず。もちろん「TVシリーズとして」というカッコ書きが付いちゃうけど、このレベルなら十分に合格でしょう。注文を付けるとすれば、もう少し「省エネ」が表に出ない作画を工夫してくれると良いかな。

真剣で私に恋しなさい!!(@TVK) / アニメーション制作:ラルケ

|

« WORKING'!!(第12話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53513064

この記事へのトラックバック一覧です: 真剣で私に恋しなさい!!(最終話:第12話):

» 真剣で私に恋しなさい!! その12 [燃え萌えアニメブログ]
国会前がすごいことになっている(^_^;) 「銃を持てば撃たれる」ということで、大人数による素手での乱闘。 日本の自衛隊と警察は、相手が武器を持っていないと何もできないわけなので。 これを考えた...... [続きを読む]

受信: 2011年12月19日 (月) 16時53分

« WORKING'!!(第12話) | トップページ | C3 -シーキューブ-(最終話:第12話) »