« THE IDOLM@STER(最終話:第25話) | トップページ | UN-GO(最終話:第11話) »

僕は友達が少ない(最終話:第12話)

▼最終話
夜空[ CV:井上麻里奈 ]が髪の毛を切った本当の理由はなんだったのか?まぁ言わずもがなってことだけど、それでも小鷹[ CV:木村良平 ]と二人きりでも決して自分の口からは言おうとしない。これが実に夜空らしくて良いじゃないですか。

しかし、理科[ CV:福圓美里 ]マリア[ CV:井口裕香 ]が、最初は夜空を認識できなかったのに対して、星奈[ CV:伊藤かな恵 ]はあっさりと髪の毛を切っただけと認識するとは。なんだかんだで星奈も相当な夜空好きだな(笑)。今回はハエ叩きを相当に食らってたけど。

結局、だれも「友だちができた」と思っていないのか、それとも「友だち」という存在を理解していないが故なのか。誰も友だち宣言をしないまま、どうやら隣人部の活動はまだ続くらしい。微笑ましくもあり、若干うらやましくもあり。原作も完結していないし、ようやく良い具合に煮詰まってきたところなので、OVAとかでもう少し"濃い"エピソードも見てみたくなるな。

▼残念・・・ではないが
隣人部の活動を見て「これはある意味、リア充の集まりでは・・・!?」という疑念は、決して抱いてはいけない。その雑念を捨てて、完全100%フィクションとして楽しまないと、この作品はツッコミどころが多くて困る(笑)。それでも、小鷹や夜空が自分たちが意識しないところで、どんどんと友だちを作っていくというストーリーは、見てて不幸になる事は無い。隣人部に突撃して「君たちはれっきとした友だちだ!」と教えてあげたい。

▼親近感とはちょっと違う
「どこか残念なキャラクター」に対して、親近感が沸いたかと言えばNo。だけど面白かったか?と聞かれれば答えはYes。やっぱり完全無欠のヒロインに、人畜無害な主人公よりも、どこかクセがあるほうが面白い。個人的には夜空も星奈も良いけど、理科のぶっ飛んだ性格が一番良かった(笑)。小鷹ももう少し理科の暴走に付き合ってあげればいいのに、冷めすぎだろ。

▼"肉"の"肉"な感じが見事
なんと言っても、この作品は彩色がエロい!アニメよりもゲーム的、それも18禁なゲームに近い色の使い方。とにかく星奈の肉な感じの表現は、もうこれ以上無いんじゃないかってくらいに、見事。友だちというキーワードに喜怒哀楽な隣人部のメンバーの表情とか、細かい作画もぬかりなく。こういうテカテカな彩色は、キャラデザが俺の好みと合わないことも多いんだけど、この作品はジャストミートだったな。

僕は友達が少ない(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

|

« THE IDOLM@STER(最終話:第25話) | トップページ | UN-GO(最終話:第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53549352

この記事へのトラックバック一覧です: 僕は友達が少ない(最終話:第12話):

» 今年最後のアニメ感想(一) [義風捫虱堂]
僕は友達が少ない [続きを読む]

受信: 2011年12月23日 (金) 18時16分

« THE IDOLM@STER(最終話:第25話) | トップページ | UN-GO(最終話:第11話) »