« ちはやふる(第12話) | トップページ | ましろ色シンフォニー(最終話:第12話) »

マケン姫っ!(最終話:第13話)

▼最終話
いつかその眠れる力を発揮するときが来ると思っていた[ CV:前野智昭 ]だけど、結果としてはそこを飛び越えて暴走してしまったか。それでも、ヘタレのイメージがどうしても抜けなかった武の過去を知ってしまうと、急に良いヤツに思えてくるから不思議だ。

最終回のハズなのに、明らかにここから新たな展開に入るための伏線を張り巡らせてあるような、まぁ最近のアニメにはありがちなエピソードで締めくくり。結局、春恋[ CV:下屋則子 ]ともくっつくでも離れるでもなく。"次"に繋がる展開と言えば聞こえは良いけど、これで2期が無いとなった場合は、流石にちょっと消化不良な感じは受けるよな。

それよりも最終話のED、「Baby Baby」の最終話バージョンはどんなメンツになっているのか、凄く楽しみにしてたのに、まさかのED無しとは・・・。アニメソングっぽい、そしてキャラソンらしい曲で、毎回誰と誰が歌ってくれるのか、密かに楽しみにしてたのに。ちょっとガッカリ。

▼本気のパンツアニメ
今期のパンツ枠といえば、この作品を否定する人は誰もいないだろう。最初の方だけのサービスカットということもなく、最初から最後まで、とにもかくにもパンツへのこだわりがハンパない。春恋やコダマ[ CV:矢作紗友里 ]も毎回違うパンツだし、とかくそこへの情熱という点においては、制作陣あっぱれ。このくらい完全に狙ってくれる方が、潔くて俺は好き。エロいかどうかはともかくね。

▼バトルとラブコメ
作品の細かい設定はさておいて、ジャンルとしては王道中の王道。可愛いヒロインがいて、冴えない主人公がいて、そして敵となる相手がいて。そう言う要素を詰め込んでいるだけあって、見てて飽きることはなかった。続きが気になってしょうがないというレベルまではのめり込めなかったけど、細かい笑いの要素が随所にちりばめてあって、そのくだらなさを楽しめるという点においては、良くできた作品だと思う。

▼キャラデザの好み
巨乳のムチムチキャラばっかりがヒロインとして登場する「マケン姫っ!」なんだけど、残念ながら俺の好きな絵柄でもキャラ設定でも無いが故、特定のキャラに肩入れして見るところまでは届かなかったな。バトルシーンはパンツの見え方も含めて見応えはあったし、TVシリーズのクオリティとしては十分なレベル。

マケン姫っ!(@テレ玉) / アニメーション制作:AICスピリッツ

|

« ちはやふる(第12話) | トップページ | ましろ色シンフォニー(最終話:第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53544074

この記事へのトラックバック一覧です: マケン姫っ!(最終話:第13話):

» 諜報員エリカ&SKET DANCE&疾風伝&マケン姫 [別館ヒガシ日記]
諜報員エリカは予想通り内容も 戸塚じゃなく犬飼と予想通りだが 潜入は良いが予想通り過ぎるし... [続きを読む]

受信: 2011年12月26日 (月) 19時48分

« ちはやふる(第12話) | トップページ | ましろ色シンフォニー(最終話:第12話) »