« ペルソナ4(第10話) | トップページ | ラストエグザイル-銀翼のファム-(第9話) »

輪るピングドラム(第22話)

たぶん冠葉[ CV:木村昴 ]は、敢えて真砂子[ CV:堀江由衣 ]を遠ざけようとしていたはず。自分が何をしているか、どうしようとしているか知ってしまえば、おそらく真砂子は冠葉を助けようとした。

陽毬[ CV:荒川美穂 ]を助けるために、陽毬以外の人の命をないがしろにする。陽毬の言うことに耳を貸さず、自分の命を犠牲にして、ただひたすらに陽毬のため。冠葉のエゴのような気もするし、自己犠牲の上に成立する美しい兄弟愛のような気もする。正直、俺にはどっちが正しいとも言い切れない。

間もなく最終話を迎えるんだけど、最終的に誰が正しいとか悪いとか、おそらくはそう言う尺度で簡単に測ろうとすると、この作品のストーリーを見誤るような気がする。陽毬、冠葉、晶馬[ CV:木村良平 ]が、「生きること」「生きていたこと」にどういう結論を出すんだろうか。

ところで、21話多蕗[ CV:石田彰 ]を刺したのは、[ CV:朴ロ美 ]だったか。完全に過去の人だったから、想像もつかなかった。

輪るピングドラム(@TBS) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« ペルソナ4(第10話) | トップページ | ラストエグザイル-銀翼のファム-(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53453821

この記事へのトラックバック一覧です: 輪るピングドラム(第22話):

« ペルソナ4(第10話) | トップページ | ラストエグザイル-銀翼のファム-(第9話) »