« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第23話) »

ペルソナ4(第11話)

クマ[ CV:山口勝平 ]に中身が生えたらしい(笑)。「生える」って表現はかなりおかしい気がするけど、中から出てきた「人間型のクマ」の方は、何も喋らなければかなりまとも?あとはそのヤンチャ性格を直せば、逆ナンも夢じゃない!いや、無理か・・。

10話の最後で、誰かが逆さづりにされて死んでいたのは分かったんだけど、あれはモロキン[ CV:龍谷修武 ]だったのか。テレビにも出てなければ、マヨナカテレビにも映ってない。それはどういうことか?

[ CV:浪川大輔 ]たちはその可能性に言及してなかったけど、まず考えられるのは「今までの事件とは犯人が違う」ってこと。単なる模倣犯なのか、それとも何かメッセージがあるのか。動機は分からないけど、俺は全くの可能性ゼロではないと思ってる。

となると、鍵になるのは美津雄[ CV:高橋剛 ]だと思ってたんだけど、本当に彼が全ての犯人なのか?そんな単純な事件じゃないと俺は思うんだよね。

ペルソナ4(@TBS) / アニメーション制作:AIC Build

|

« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53504727

この記事へのトラックバック一覧です: ペルソナ4(第11話):

« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第11話) | トップページ | 輪るピングドラム(第23話) »