« UN-GO(第9話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第10話) »

ギルティクラウン(第9話)

あれだけ谷尋[ CV:水島大宙 ]には痛い目に遭わされたのに、また[ CV:梶裕貴 ]は谷尋に手をさしのべるのか?流石にその瞬間、相変わらず自分の中にあるよく分からない"正義"に捕らわれているのかという、半ば諦めの気持ちになってしまった。

だけど、[ CV:鳴村侑 ]花音[ CV:寿美菜子 ]が言うように、以前の集とはやっぱりどこか違うと思う。まっすぐ目を見て「潤くん[ CV:津田美波 ]に罪はない」と言った時、その説得力に思わず納得してしまった。

だけど、集にとっては今回の件もまた、自らの心に傷を付けることになったことは確かだ。その罪がないはずの潤の命を、谷尋のボイドで断たなければならない。ボイドと心の関係に未だに思い悩んでいる集からしてみれば、今回もまた、自分の力を責めるための材料を集めてしまったようなものだ。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« UN-GO(第9話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53448524

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(第9話):

« UN-GO(第9話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第10話) »