« 真剣で私に恋しなさい!!(最終話:第12話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第11話) »

C3 -シーキューブ-(最終話:第12話)

▼最終話
原作ラノベは続刊中ということで、「終わり」という印象はあまり無かったな。というより、結局まだ何も終わってないわけだ。せめてフィア[ CV:田村ゆかり ]の呪いが少しでも軽くなったとか、何か分かりやすい指標があれば、一区切りっていう印象もあったかも。

そんなわけで、特に最終話らしい展開と言えば、アリス[ CV:田中理恵 ]との戦いが一時休戦となったことか?相変わらず見てて痛くなるシーンだらけのエグいバトル。特に錐霞[ CV:喜多村英梨 ]の腹に手を突っ込んで内蔵を握るシーンとか・・・。あれだけデフォルメされてるのに、思わず目を背けたくなる。

しかし改めて考えてみれば、あれだけアリスに挑発されていたフィアが、最後まで自分を保ったまま戦い続けれたってことは、大きな前進なのかも。そしてそれが「呪い」の軽減と考えるならば、フィアが人間としての心と感情を持ち続ける限り、そしてそれを春亮[ CV:梶裕貴 ]が支え続ける限り、いつかは完全に呪いが消える日が来るんじゃないかと思えるシナリオだった。

▼重くて痛い
心にズシッと来るような、そういう重いストーリーは大好きな俺だけど、この作品には参った!何よりも重いだけじゃなくて、痛いんだよね。それも精神的なものじゃなくて、物理的な・・。残念ながら痛めつけられて大喜びという特殊性癖は持ち合わせていないので、最終話もそうだったんだけど、ちょっと見ているのが辛くなるようなシーンが多かった。作品として描きたいところだってのは分かった上でも、かなり堪えた。

▼無邪気さ故の残酷さ
普段の明るくて元気なフィア。そんなフィアと正反対の拷問具形態。このギャップが、フィアというキャラクターの二面性を際立たせる。あのフィアがなんで!?という半ば憤りにも似た感情を抱かざるを得ない、完全にキレた時の所業のムゴさ。このバランスにかなり心かき乱された気がする。そしてそれを田村ゆかりが見事に演じきっていたと思う。

▼綺麗なビジュアルもまた
平和な日常において、この作品のキャラクターたちはみんな輝いていると思う。フィアの綺麗な水色の髪の毛もそうだし、春亮の家の庭の花だってそう。だからこそ、それが壊され汚されていくシーンが痛々しく思えてくる。そんな作品の世界観を十分に演出してくれるビジュアルのクオリティ。キャラクターの作画も安定水準だったし、エフェクトの使い方も綺麗で良かった。

C3 -シーキューブ-(@AT-X HD!) / アニメーション制作:SILVER LINK.

|

« 真剣で私に恋しなさい!!(最終話:第12話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53513072

この記事へのトラックバック一覧です: C3 -シーキューブ-(最終話:第12話):

» C3(シーキューブ) その12 [燃え萌えアニメブログ]
いきなりアリスの人体調理器具が出現して。 千切りやみじん切りなど。 あらゆる切り方が披露されていたよね(^_^;) そして、あの鏡。 なんと、鏡に映った人間の複製を作れるという・・・!(゚□゚;) ...... [続きを読む]

受信: 2011年12月18日 (日) 21時55分

« 真剣で私に恋しなさい!!(最終話:第12話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第11話) »