« ペルソナ4(第13話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第13話) »

ラストエグザイル-銀翼のファム-(第12話)

10年前のグランレース。こうしてみると運命とは実に数奇なものだ。今まさに、アデス連邦との戦争の最前線に身を投じている当事者達が、こういう形で一堂に会していたとはね。

最初、ファラフナーズ[ CV:安藤麻吹 ]が本当に世界の平和を望んでいるのか、少々疑わしい気持ちもあった。だけど、ミリア[ CV:茅野愛衣 ]リリアーナ[ CV:沢城みゆき ]、そしてルスキニア[ CV:斎藤千和 ]に対する態度を見ていたら、そんな疑問は気がつくと消えていた。

まだ遺恨は残っていても、これだけ良い雰囲気の中で執り行われたグランレース。それがどうして10年後に再び戦争と恐怖の世界になってしまったのか?その理由を、表彰式の場面で痛いほど思いされることになった。世界の平和のため―。そう言えば聞こえは良いけれど、アデスに家族を殺された人には、何の理由にもならない。

ルスキニアが怒りに暴走しかけるのを見て、今まで一辺倒に悪だと決めつけていたアデスへの見方が少し変わってしまったかもしれない。何とも悩ましいエピソードだった。

ラストエグザイル-銀翼のファム-(@TBS) / アニメーション制作:GONZO

|

« ペルソナ4(第13話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第13話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53677239

この記事へのトラックバック一覧です: ラストエグザイル-銀翼のファム-(第12話):

« ペルソナ4(第13話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第13話) »