« ハイスクールDxD(第3話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第15話) »

戦姫絶唱シンフォギア(第3話)

[ CV:水樹奈々 ]が頑なに[ CV:悠木碧 ]を拒んでいるせいだろうか。ストーリーそのものも停滞しているような気がしてくる。

最近は減ってきた「主人公がウジウジし続けるストーリー」に近い、ちょっとした苛立ちを感じる。翼の[ CV:高山みなみ ]に対する思い入れは十分に分かるんだけど、それを今みたいな方法で表現するのって、なんか違うよね。

一応ノイズとは戦っているものの、まったく共闘という気配のない二人の前に現れたのは―。どう考えても奏その人だよな。もちろん、翼が気がつかないハズがない。どうなんだろう。ただでさえその奏が原因で不安定になっているのに、翼は戦えるのか?

ところで、今回は戦闘シーン以外の作画レベルがかなり怪しくなってた気がする。まだ3話だぞ、おい。響のノートの字が劇的に汚いのは・・・それで良いらしい。しかも悠木碧の自筆か(笑)。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

|

« ハイスクールDxD(第3話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第15話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53783736

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギア(第3話):

« ハイスクールDxD(第3話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(第15話) »