« アクエリオンEVOL(第4話) | トップページ | 男子高校生の日常(第3話) »

夏目友人帳 肆(第4話)

単なる"いい話"という言葉でまとめてしまうのはあまりにももったいない、ヨビコ[ CV:中野裕斗 ]の追憶の日々。これぞ夏目友人帳の真骨頂とも言うべきエピソード。

夏目[ CV:神谷浩史 ]の妖怪に対する気持ちと、ヨビコのヨウコ[ CV:高梁碧 ]に対する気持ち。そしてヨウコのヨビコに対する気持ち。いろいろな想いが時代を超えて、それに触れた人の心を温かくしてくれる。

俺は最初、あの手紙の中身はストーリー上で直接明かされる事は無いのかもしれないと思っていた。あの手紙には、長々とヨウコの言葉が綴ってあるんじゃないかと思っていた。だけど違った。そこにあったのは短いけれど、後悔の日々を送ってきたヨビコには救いの言葉が残されていた。

的場[ CV:諏訪部順一 ]のような人間ばかりじゃない。今回の夏目とヨビコ、そしてカリカミ[ CV:佐々木健 ]のような関係こそが、多くの妖怪と人間に夏目が見てもらいたい物に違いない。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« アクエリオンEVOL(第4話) | トップページ | 男子高校生の日常(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53818673

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆(第4話):

« アクエリオンEVOL(第4話) | トップページ | 男子高校生の日常(第3話) »