« BRAVE10(第3話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第3話) »

機動戦士ガンダムAGE(第15話)

フリット[ CV:豊永利行 ]編の最後のエピソード。序盤こそこの作品がガンダムっていうことを受け入れがたい展開が続いたけれど、UEとの戦いが同じ人間同士の戦いと分かった今、次回からのアセム[ CV:江口拓也 ]編はとっても楽しみだ。

ヤーク・ドレ[ CV:チョー ]との戦いは、しかし決して後味の良い物では無かった。だからといって、グルーデック[ CV:東地宏樹 ]の行動を責める事も出来ない。結局、ヴェイガンと地球連邦との戦いもまた、続いていくことになる。

ヤーク・ドレの誘いに乗って本来の目的を完全に忘れてしまうあたり、これまでのフリットでは考えれないくらい、冷静さを失った行動。これが「Xラウンダー」と呼ばれていた力の影響なんだろうか。それでも最後の引き金を引くことが出来なかったところに、やはり悪になりきれないフリットの本質が見えてくる。

人物描写については、この後半の流れをアセム編でも継続してくれると、俺としては嬉しい。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« BRAVE10(第3話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53800473

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第15話):

« BRAVE10(第3話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第3話) »