« Another(第4話) | トップページ | アマガミSS+(第5話) »

ギルティクラウン(第15話)

見ていられない。思わず目を背けたくなる、だけど受け入れなくちゃいけない事実。優しい[ CV:梶裕貴 ]が好きで、そしてこんな状況にあっても、集の事を信頼して、応援していた[ CV:嶋村侑 ]―。彼女にこんな結末が待っていたなんて・・。

谷尋[ CV:水島大宙 ]の提案したランク制。結果として集はそれを受け入れなかった。その結果が今回の悲劇に繋がったとは俺は思わないし、仮にランク制をそのまま導入していれば、それはそれで違った悲劇を招いていた可能性だってある。だけど今の集には、そんな言葉が届く訳もない。

祭だって、権力を振りかざす集の姿なんて見たいはずがない。だけど、今の集にとっては、祭を失った事を自分の中で無理矢理に納得させるためには、「自分を悪者にして追い込む」ことくらいしかできないんだろう。俺は集を攻めることは出来ない。俺だって集がどうすればいいのか、全然分からない。怒りと悲しみを、何が違うところにぶつけることしか出来ないと思う。

この15話の脚本は、ルルーシュでもお馴染みの大河内一桜氏。彼の脚本には、人の感情がこれでもかと詰まっている。そのクオリティの高さは流石だ。

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« Another(第4話) | トップページ | アマガミSS+(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53892267

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(第15話):

« Another(第4話) | トップページ | アマガミSS+(第5話) »