« 夏目友人帳 肆(第6話) | トップページ | Another(第5話) »

ちはやふる(第18話)

転んでもただでは起きない。改めて千早[ CV:瀬戸麻沙美 ]の前に進もうとする力、心の強さを感じたエピソード。千早を見ていると、俺も、つまらんことでグチっててもしょうがないと、いつも思わせてくれる。彼女のかるたにかける情熱はホントに凄い。

今回の対戦相手、桜さん[ CV:かないみか ]。対戦開始前に千早と言葉を交わしたときから、その片鱗は明らかに感じ取れた。この人は、人を自分のペースに引きずり込むのが上手い―。

なにぶん、人を疑ってかかることを知らない千早だけに、見事にその空気に飲まれてしまった。だけどここからが千早の凄いところ。自分が桜のペースに付き合わされている事をちゃんと理解して、ましてやそれを自分の物にしてしまおうという発想。これは間違いなく、千早の才能だと俺は思う。

今回は負けてしまったけど、千早にとっては大きな収穫。そこへきて、瑞沢高校同士の対戦!2試合とも、どっちが勝ってもおかしくない展開。これは熱いぞ!

ちはやふる(@日テレ) / アニメーション制作:マッドハウス

|

« 夏目友人帳 肆(第6話) | トップページ | Another(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53936704

この記事へのトラックバック一覧です: ちはやふる(第18話):

« 夏目友人帳 肆(第6話) | トップページ | Another(第5話) »