« ハイスクールDxD(第5話) | トップページ | 妖狐x僕SS(第4話) »

戦姫絶唱シンフォギア(第5話)

[ CV:水樹奈々 ]がまだ回復していないという理由もあるけれど、[ CV:悠木碧 ]と翼のすれ違いばかりだった展開から、ストーリーに動きが見えた。

何故か全裸で鎧の少女[ CV:高垣彩陽 ]をいたぶり、そして流ちょうな英語を喋るその人。その声は・・沢城みゆきだよな?それはつまり、シンフォギアの開発者であるはずの了子[ CV:沢城みゆき ]ってこと?

襲われた防衛大臣が持っていたはずの「極秘ファイル」のトランクを、何故か彼女は何事も無かったかのように持ってきた。そしてそこには、明らかに思わせぶりな血痕。英語で話していたということ、そしてシンフォギアが今のところ日本にしか無いという事実。彼女はどこか外国へその技術を転売でもしたいのか?

彼女の行動が単なる金目当てだとすると、それはそれであまり面白くない。ノイズの存在理由にまで深く踏み込むような"裏の顔"があったりすると、面白そう。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

|

« ハイスクールDxD(第5話) | トップページ | 妖狐x僕SS(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53901801

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギア(第5話):

« ハイスクールDxD(第5話) | トップページ | 妖狐x僕SS(第4話) »