« アクエリオンEVOL(第5話) | トップページ | 男子高校生の日常(第4話) »

夏目友人帳 肆(第5話)

夏目[ CV:神谷浩史 ]の中学校時代―。何となく想像はしていたんだけど、それでも俺が思っていた以上に、人との付き合いに戸惑いを感じていたんだな。そしてそれと同じくらい、妖怪との付き合いも苦手だったみたい。

Aパートでは、そんな夏目の姿をユリコ[ CV:伊藤静 ]というゲストキャラの視点で描き、そしてBパートでは夏目の視点でおさらい。最後には、ユリコ視点のエピソードで綺麗に締める。

ありふれた展開だと、「夏目とユリコがバッタリ再会」とか「ユリコが夏目に会いに行く」っていう流れになりそうだけど、この作品は決してそれがない。たまたま偶然に、お互いがお互いをちょっとしたきっかけで思い出す。その出来事は、お互いの心の中に"思い出"として残っている。この何とも言えない余韻。俺がこの作品を大好きな理由は、まさにこれだ。

もし、今夏目がユリコと再会したなら。黒鎌の妖怪[ CV:西松和彦 ]と話すことがあったら。果たしてどんなエピソードが出来上がるのか、想像を巡らせると自然と顔が緩む。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« アクエリオンEVOL(第5話) | トップページ | 男子高校生の日常(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53880839

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆(第5話):

» アニメ感想睦月(七) [義風捫虱堂]
夏目友人帳 肆 #5 [続きを読む]

受信: 2012年2月 4日 (土) 15時24分

« アクエリオンEVOL(第5話) | トップページ | 男子高校生の日常(第4話) »