« 男子高校生の日常(第7話) | トップページ | 夏目友人帳 肆(第8話) »

あの夏で待ってる(第7話)

海人[ CV:島崎信長 ]の告白に返事をした訳ではないけれど、それでも海人のキスを拒むことの出来ないイチカ[ CV:戸松遙 ]―。

イチカが既に海人を好きってことは、まぁ見てれば分かる。分かるけれど、イチカ自身がそれを口にすることは無いし、何か大きなきっかけがあって、急に好きになった訳じゃない。強いて言えば、佳織[ CV:茅野愛衣 ]と沖縄で出会ったことが、自分の気持ちを強く意識する転機だったか?

海人の方は一目惚れに近い一方で、徐々に海人に惹かれていくイチカの心。恋愛がテーマの作品においては、これはやっぱり重要な要素。7話の最後で、イチカの気持ちがモノローグながら初めて語られる・・・と思わせて、まだ引っ張る!

まだストーリーが中盤という事もあるし、「過去を振り返る」形で所々に挿入されるイチカと海人のモノローグからは、やがて二人が同じ場所で同じ時を過ごすことが出来なくなる事態を暗示させる。それ故、今のこの瞬間が、二人の最高の時なんじゃないかと思うと、少し切ない。

あの夏で待ってる(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 男子高校生の日常(第7話) | トップページ | 夏目友人帳 肆(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54043893

この記事へのトラックバック一覧です: あの夏で待ってる(第7話):

« 男子高校生の日常(第7話) | トップページ | 夏目友人帳 肆(第8話) »