« アクエリオンEVOL(第9話) | トップページ | 男子高校生の日常(第8話) »

夏目友人帳 肆(第9話)

[ CV:雪野五月 ]ですら感じる夏目[ CV:神谷浩史 ]の変化。そして他人への関心とは無縁の場所にいたはずの夏目ですら気づく、名取[ CV:石田彰 ]

まさか、夏目と名取の関係がこうも様変わりするとは。"迷い"という自分との戦いからようやく解放されつつあって、今回も「山を守るのは人間のためでもある」と言ってはいるけれど、おそらく夏目の本心では、そんな損得勘定は一切無いはず。「困っている妖を助けたい」―。たぶん夏目の気持ちは、その一途な心だけ。

それにしても、今回はニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]、全く役に立ってないぞ。御輿の上では爆睡してるし、夏目に襲いかかってきた、なにやらニャンコ先生楓の妖には、油断したすきに夏目を吹き飛ばされ。

柊に「デブ猫」呼ばわりされても、これは否定できないほど、今回はていたらく(笑)。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« アクエリオンEVOL(第9話) | トップページ | 男子高校生の日常(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54102398

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆(第9話):

« アクエリオンEVOL(第9話) | トップページ | 男子高校生の日常(第8話) »