« BRAVE10(第6話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第6話) »

機動戦士ガンダムAGE(第18話)

18話の再生を止めて、17話の最後の方を見返してしまうくらいの、超絶に唐突な始まり方。18話でのエピソードの一部をアバンにもってくるという手法なわけでもなく、ホントに唐突。どっかで1話見逃したかと思った。

そんな展開も何となく納得せざるを得ないほど、とにかくアセム[ CV:江口拓也 ]編はストーリーの展開が早い。やっぱり最初と最後に力を入れようとすると、どうしても真ん中に使える尺が限られるんだろうけど・・・。まぁダラダラと茶番を見せられるよりは、良しとするか。

結局、アセムもロマリー[ CV:花澤香菜 ]も、ゼハート[ CV:神谷浩史 ]がヴェイガンのMSパイロットという事実は、最後まで知らずに過ごした。学園生活でのエピソードが薄かった割には、この3人の関係は良い具合に頭にすり込まれている。アセムとゼハートの再戦が、どんな形になるのかは結構楽しみだ。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« BRAVE10(第6話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第6話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/53967211

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第18話):

« BRAVE10(第6話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第6話) »