« 輪廻のラグランジェ(第11話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第23話) »

偽物語(最終話:第11話)

▼最終話
余弦[ CV:白石涼子 ][ CV:神谷浩史 ]の「ドツキ合い」は、熾烈を極める。熾烈と言うよりも、とにかく暦が一方的にボコボコに。たとえその傷がすぐに癒えるとしても、見てるだけで痛くなるくらい一方的。

余弦が本当に暦の言う「家族」にやる気を無くしたのか、それとも余接[ CV:早水沙織 ][ CV:坂本真綾 ]にやられたのを見て、戦況不利と悟ったのかは分からない。分からないけど、正直、ここで休戦となってホッとした。

結局、暦が月火[ CV:井口裕香 ]にどこまで本当のことを話したかは分からない。分からないけれど、もし本当のことを話したとして、阿良々木家は今まで通りの家族のままだってことは自明の理。

ただ1つ言っておくと、月火にキスするのはおかしい。絶対おかしい。

▼映像の比重
化物語では、その「言葉の世界」にただただ圧倒された。そしてこの偽物語。それにある程度"慣れ"があったのかもしれないけれど、前作までのその雰囲気は少し息を潜め、よりアニメらしい映像的な演出の方が目立っていたと思う。

ここでもまた、新房監督らしい独特のカット割りとか構図は息を潜めている感があって、その一方で火憐[ CV:喜多村英梨 ]のパンツを後ろから狙ってみたりするあたり、その独自性よりも普遍的な演出の傾向が強かったかな。

総じて、俺としては化物語から受けた印象とはかなり違った作品になっていた。にも関わらず、暦の言葉を聞いていると、「あぁ、やっぱり化物語の続編だ」という実感。やっぱりこの作品の持っている"力"は、どんな方法をもってしても、伝わってくるもんなんだと、改めて感じた。

▼変態まっしぐら
火憐を歯ブラシ攻めにして胸を触ろうとしてみたり、月火が寝てるのを良いことにキス(しかも唇)にしてみたり、はたまた真宵[ CV:加藤英美里 ]を激しくもみくちゃにしてみたり。

暦の変態度の進化にはびっくり(笑)。それも含めてキャラクターの魅力ではあるんだけれど、今回はその暦の変態度合いと、それ以上に変態を自称する駿河[ CV:沢城みゆき ]のインパクトが凄くて、火憐&月火のファイアーシスターズ以外では、その二人以外の影が少々薄かった気がする。

そのあたりは、劇場公開される「傷物語」に期待かな。「化物語」→「傷物語」→「偽物語」という順番らしいです。作品的には。

▼TV放送できっちり完結
全11話。思えば化物語はテレビ放送後もネット配信という形でストーリーが続き、あげく完結までそうとうな期間を要するというオチまで付けてくれた。対して今回は、他の作品よりも一足早く放送が終了。ストーリーもしっかり完結。どんなビックネームの作品だろうと、これがあるべき姿。

そのクオリティを追求する余り、化物語では配信が遅れたとされる作画だけれど、今回もそのクオリティは折り紙付き。なんと言っても、今回はエロい描写がまぁ多い(笑)。直接的にエロいわけじゃなくて、仕草とかカット割りで見せるエロ。これはなかなか難しいと思うし、今作ではその演出は実に見事でした。

偽物語(@TOKYO MX) / アニメーション制作:SHAFT

|

« 輪廻のラグランジェ(第11話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第23話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54254874

この記事へのトラックバック一覧です: 偽物語(最終話:第11話):

« 輪廻のラグランジェ(第11話) | トップページ | 機動戦士ガンダムAGE(第23話) »