« アクエリオンEVOL(第11話) | トップページ | 男子高校生の日常(第10話) »

夏目友人帳 肆(第11話)

どうしても避けては通れないレイコ[ CV:小林沙苗 ]はさておき、夏目[ CV:神谷浩史 ]の両親の話は、夏目のモノローグでも決して出てくることは無かった。そして今回のエピソードだ。

夏目の中にある「忘れたくない」という気持ちと、「忘れてしまいたい」という気持ちの葛藤。もちろん、ニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]のあの表情は、それを分かっていたんだと思う。同時に、塔子[ CV:伊藤美紀 ]もね。

夏目が過去の"自分"を振り返る機会は増えてきたけれど、"家族"を振り返る機会はこれが初めて。その事実だけでも、ホントに夏目が変わったな~と思うし、感慨深いと思う。田沼[ CV:堀江一眞 ]の助けもあっての出来事だけれど、そういう友だちが夏目の周りにいるってこと自体が、夏目の成長の証拠だと思う。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« アクエリオンEVOL(第11話) | トップページ | 男子高校生の日常(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54215297

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆(第11話):

« アクエリオンEVOL(第11話) | トップページ | 男子高校生の日常(第10話) »