« 男子高校生の日常(第11話) | トップページ | あの夏で待ってる(第11話) »

夏目友人帳 肆(第12話)

過去の夏目[ CV:神谷浩史 ]を知る蒼井家の娘、三世子[ CV:潘めぐみ ]。その印象が良くなかったに違いないであろう事は、容易に想像が付いた。

だから、夏目の"見た目"だけでちょっと浮かれていた三世子が、またすぐに手のひらを返すんじゃ無いかって事は、容易に想像出来た。想像は出来たんだけど、なんとももどかしい。夏目は「妖の危害が蒼井家に及ぶくらいなら、自分がどう思われていようとその方が良い」と思ってしまっている。それが分かるから、このやるせない気持ちをどこへぶつけたら良いのか分からない。

そんな俺の憤りは、しかし最後にふっとどこかへ消えていった。三世子って女の子の事を、少し偏見の目で見ていたのかもしれない。「どうせ普通の人には理解出来ない」という思い込み。たぶんそれは、昔の夏目が持っていたのと同じ感情。気がつけば、夏目はそれを克服して、もっと先に行っているじゃないか。夏目友人帳がこれまで積み上げてきたストーリーを、改めて振り返らされた気がする。

そして今回ばかりは、ニャンコ先生[ CV:井上和彦 ]に着いてきてもらって大正解。なにやらきな臭い雰囲気だ。

夏目友人帳 肆(@テレビ東京) / アニメーション制作:ブレインズ・ベース

|

« 男子高校生の日常(第11話) | トップページ | あの夏で待ってる(第11話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54266162

この記事へのトラックバック一覧です: 夏目友人帳 肆(第12話):

« 男子高校生の日常(第11話) | トップページ | あの夏で待ってる(第11話) »