« アマガミSS+(最終話:第13話) | トップページ | ペルソナ4(最終話:第25話) »

戦姫絶唱シンフォギア(最終話:第13話)

▼最終話
「はい、どうぞ泣いてください」的なお膳立てには、絶対に乗らないぞ!と心に決めていたのに、未来[ CV:井口裕香 ]の前に再び[ CV:悠木碧 ]たちが姿を見せた瞬間、グッと来た。

フィーネ[ CV:沢城みゆき ]との最終決戦。勧善懲悪の正義の鉄槌を下す訳では無く、最後はフィーネの心をも解きほぐす。このシーンに、響というキャラクターが凝縮されていた。未来に背を向けて空へ飛び立った時の響の歌声には、心がスーッと吸い込まれるような気さえした。

ストーリーは一応の完結だけれど、やろうと思えば2期が作れそうな雰囲気ではある。どうだろ、俺はこれで打ち止めで良いとは思うんだけれど・・。

▼壮大な世界観
"歌"をテーマに世界を救うストーリー。まぁ壮大な設定。一方で何となく底は見える。描きたいテーマも、描かれるであろうエピソードも、作品の設定を聞いた時点で、想像出来てしまう。結果として、この作品は俺の想像を超えてくることはなかった。

「歌で人の心を繋ぐ」って言うテーマ自体は素晴らしいと思うけれど、誰でも思いつくだけに、それを凌駕するストーリーや世界観が必要になってくる。その点、「マクロスF」なんかは凄く良く出来てるし、俺も夢中になった。この作品にマクロスFと同様の夢中になれる面白さがあったのかと問われると、俺にはNoだな。

▼歌のクオリティは文句なし
ストーリーは残念なデキだったけれど、劇中歌に関しては文句なしでしょ!歌いながら戦うっていう発想も良かったし、その戦いと歌のリンクが実に良く出来ていて、サビでノイズをぶっ飛ばしてくれたりすると、もう一気に爽快感MAX。

キャラクターデザインはストライクゾーンをかするどころか、俺からすると大暴投と言っても良いくらいに守備範囲から外れているので、なかなか感情移入しづらい。それを吹っ飛ばしてくれるくらい、歌の部分のデキは良かったな~。CDも結構売れたと思うし、音楽関連の商品セールスはまずまずなんじゃない?ただ、Blu-rayとかはどうだろうか・・。

▼バトルシーン
キャラクターデザインが好みでない以上、この作品の映像の見所はやはりバトルシーンということになるかな。ただ、「歌」っていうテーマがありながら、結局バトルシーン自体は、普通に武器を持って戦う場面がほとんど。これは惜しいよなぁ。

大量のノイズがわらわらと向かってきて、それをちぎっては投げちぎっては投げ、という最近の何とか無双シリーズを連想させるような展開は、ちょっと大味かもしれない。クリス[ CV:高垣彩陽 ]とフィーネくらいしか、めぼしい敵がいなかったから、仕方ないんだけど。

戦姫絶唱シンフォギア(@TOKYO MX) / アニメーション制作:エンカレッジフィルムズ

|

« アマガミSS+(最終話:第13話) | トップページ | ペルソナ4(最終話:第25話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54354398

この記事へのトラックバック一覧です: 戦姫絶唱シンフォギア(最終話:第13話):

« アマガミSS+(最終話:第13話) | トップページ | ペルソナ4(最終話:第25話) »