« ブラック★ロックシューター(第8話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) »

ギルティクラウン(最終話:第22話)

▼最終話
終わってしまったか。最終話を見終えて、しかしそれでも心には充足感。吉野弘之&大河内一桜のコンビが作り上げたこの作品の世界観。最後までじっくりと堪能させてもらった。

いのり[ CV:茅野愛衣 ]を助けることが出来なかった[ CV:梶裕貴 ]。だけど決して取り乱さしたりはしなかったと思う。今の集には、いのりの残した"心"が理解出来るはずだし、そのために生きていける強さが兼ね備わっている。

かつての仲間が再び集う時間。綾瀬[ CV:花澤香菜 ]の「みんなは久しぶりだよね」の言葉に、集と綾瀬は恋人同士なのか?そうでなくても、近しい関係なのか?という想像を巡らせてみたり。

[ CV:中村悠一 ]は最期まで格好いいライバルであり続けた。命を救われたダリル[ CV:内山昂輝 ]は、今何をしてるだろうか。最後まで"人"を描き続けた作品だった。

▼これぞアニメーション
美しい映像と、一癖も二癖もある登場人物。そしてSF要素。オリジナルストーリーのアニメ作品として、申し分無い題材を揃えたこの作品。世間的な評判は決して高かったワケじゃ無いと思うけれど、俺は大好きだったな~。

昨今は、ライトノベルやコミックス原作のアニメが多い。それ故、作品の傾向がどうしても似てきてしまう。そんな中、アニメーションで表現することを前提に作られた作品は、「見る」ことでその世界観に没入できるだけのクオリティが求められる。あとは個人の趣味趣向とそれがマッチするかどうかだけど、俺にはジャストフィットだった。

このアニメとは少し時間軸も登場するキャラクターも異なるようだけれど、ゲーム版も今から楽しみ。

▼集の成長のエピソード
集という主人公は、とにかく頼りない。頼りないだけじゃ無くて、その偽善的とも言える思考には腹が立つ。この腹が立つという感情を生む理由、それは何よりも集という人間がリアルだからだ。

ヘラヘラしてるだけの面白みのない主人公やら、八方美人なだけのモテモテ主人公やら、その手の「ノンフィクション」に慣らされている人には、こういうリアルな主人公は受け入れられないのかもしれないし、流行じゃ無いんだろう。だけど俺は、その集のリアルな感情と、心の揺れ動きの描写に、魅力を感じた。

それは集を応援しているわけじゃないし、感情移入しているわけじゃない。かといって、第三者的に俯瞰していたというワケでも無い。無駄に強がったり、人の目を必要以上に気にしたり。誰にでもそういう瞬間があるはずだし、そんな自分の嫌な一面を意識させられるのに、不思議と見入ってしまうんだよな。

▼プロダクションI.Gの十八番
近未来都市、メカ、ロボット。プロダクション I.Gの十八番をこれでもか!と詰め込んだ映像美。リアルな主人公と相まって、この作品の世界観をよりリアルに仕立ててくれる。3DCGと2DCGの共存する映像に違和感があったのは、もうはるか昔のことのように、エンドレイヴとキャラクターが同じ画面を暴れ回る。

普通は話数を重ねるとすっかり慣れてしまうんだけれど、そのクオリティの高さにはとにかく毎回、圧倒された。(※アニメーション制作のリンクが誤っていました。全話修正しました。)

ギルティクラウン(@フジテレビ) / アニメーション制作:プロダクション I.G 6課

|

« ブラック★ロックシューター(第8話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54293129

この記事へのトラックバック一覧です: ギルティクラウン(最終話:第22話):

« ブラック★ロックシューター(第8話) | トップページ | 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) »