« BRAVE10(第9話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第9話) »

機動戦士ガンダムAGE(第21話)

ロマリー[ CV:花澤香菜 ]ゼハート[ CV:神谷浩史 ]を追っての入隊だったことが、今回のエピソードで確証に変わった。

アセム[ CV:江口拓也 ]がロマリーをどう思っているかは定かじゃないけれど、Xラウンダーとしての適正の低さと、そしてゼハートがさらに今の自分から遠ざかっていくような劣等感。決してパイロットとしての能力が低い訳じゃないと思うけど、今のアセムには全ての出来事がマイナスに作用してしまう。

そんなアセムをマッドーナ工房へ連れて行ったのは、ウルフ[ CV:小野大輔 ]オフィシャルサイトによると、彼ももう49才。フリット[ CV:井上和彦 ]が司令官なのに比べると、未だに現場の一パイロット。

たぶんウルフだからこそ、今のアセムの悩みとかコンプレックスに対して、意味のあるアドバイスが出来るんじゃないかと思う。彼の言葉には、おそらくそれだけの重みがあるはずだ。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« BRAVE10(第9話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第9話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54142124

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第21話):

« BRAVE10(第9話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第9話) »