« BRAVE10(第10話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第10話) »

機動戦士ガンダムAGE(第22話)

もうモビルスーツに乗ることは無いと思っていたフリット[ CV:井上和彦 ](しかし井上和彦CVは、どうしてもジェリドを思い浮かべてしまうな)。この状況、戦局でAGE-1で出撃。普通に考えれば、指揮官がモビルスーツで戦場に赴くなんて、考えられないけれど・・。

それはもちろんヴェイガンにも言えるんだけど、ゼハート[ CV:神谷浩史 ]の場合は、自らのXラウンダーとしての能力と、ゼイドラの圧倒的な能力があってこそ。それに対してフリットの今回の出撃は?答えは彼の戦術眼という事に尽きるだろう。あの状況で、フリットにはヴェイガンを押し切れるという確信があったんだと思う。

しかし今回のフリットの出撃、地球連邦には大きな意味を持つ出撃だったけれど、アセム[ CV:江口拓也 ]にもまた、大きな意味があった。意味と言うよりも、アセムには"ショック"に近かったんじゃ無いだろうか。

ましてや戦闘が終わった後のアセムの冷淡な態度。ただでさえコンプレックスだった自分の能力の低さを、これで必要以上にアセムが背負うことになってしまったんじゃ無いだろうか。

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« BRAVE10(第10話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第10話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54196664

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第22話):

« BRAVE10(第10話) | トップページ | 輪廻のラグランジェ(第10話) »