« アマガミSS+(第12話) | トップページ | ブラック★ロックシューター(第8話) »

ハイスクールDxD(最終話:第12話)

▼最終話
バトルアニメらしく、最後は一誠[ CV:梶裕貴 ]が爽快にフェニックス[ CV:子安武人 ]をぶっ飛ばして、ハッピーエンド!

リアス[ CV:日笠陽子 ]を助けに来た一誠の口からは「部長の処女はおれのものだー!」という、実にハイスクールDxDらしいステキな決めゼリフ。その時のリアスのちょっと照れつつも嬉しさがにじみ出る表情。何とも可愛いじゃないですか。

濃いメンツばかりのオカルト研究部だけど、今回ばかりはみんなが一誠のサポートに。この友情もまた、バトルには欠かせないエッセンス。ストーリーも一誠を取り巻く人間関係も、12話の中にぎっしりと詰め込んだ、非常に満足度の高い作品だった。

それにしても、リアス同居で拗ねるアーシア[ CV:浅倉杏美 ]もまた可愛い(笑)。

▼ストーリーとおっぱいアニメの両立
「ハーレム王に俺はなる!」のかけ声も高らかに、とにかく掴みはおっぱい押し。なんせマッパのリアスがベッドに寝てるんだから。その一方で、1話の段階から、意外とストーリーはシリアスだったし、エピソードを"見せる"力はある作品という印象もあった。

下手に料理するとどっちつかずの中途半端になりそうな気もしてたけど、俺としては最終話の感想のとおり、非常に丁寧にまとまっていたと思う。原作はまだ未完にもかかわらず、テレビシリーズとしてはこの1クールでちゃんと成立しているのは非常に好感が持てた。もちろん、続編はウェルカムです。

▼思わぬリアスの魅力
アニメ的な巨乳キャラはあんまり俺の好みでは無いし、クールで威圧的な性格にも思えたリアスは、「ヒロインであることは認めるけれど、好きにはなれない」(俺的に)典型のキャラだった。途中まではね。

それが気がつけば、じわじわとリアスの魅力に引き込まれていく絶妙なシナリオ。リアスの場合、完全無欠のヒロインというわけでは無く、時に弱い面も見えるんだけど、それを必至に覆い隠そうともがいている。そんな"人間らしい(悪魔だけど)"ところに、すっかりやられてしまった。

敢えてキャラクターに注文を付けるとすると、もう少し小猫[ CV:竹達彩奈 ]が絡むエピソードも見たかった。結局デレは無いまま終わってしまったな。

▼渾身のおっぱい作画
個人的にはもうおっぱいが見えて大喜びする年でも無いけど、まぁこれはお約束みたいなものなので(笑)。無理矢理に光源やら湯気やらで隠すくらいなら、最初から隠した構図にしておけば良いのに、と常々思っているので、ハイスクールDxDの潔さには拍手!まぁこれもAT-Xでの話ではあるけどね。

バトルとキャラクター、大きな見せ場の2つ要素については、十分に合格。少々キャラが怪しいカットも見受けられたけれど、まぁ俺としては許容範囲かな。

ハイスクールDxD(@AT-X HD!) / アニメーション制作:TNK

|

« アマガミSS+(第12話) | トップページ | ブラック★ロックシューター(第8話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54293116

この記事へのトラックバック一覧です: ハイスクールDxD(最終話:第12話):

« アマガミSS+(第12話) | トップページ | ブラック★ロックシューター(第8話) »