« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) | トップページ | 戦姫絶唱シンフォギア(第12話) »

ゼロの使い魔F(第12話)

▼最終話
ルイズ[ CV:釘宮理恵 ]絶体絶命の大ピンチに、颯爽と才人[ CV:日野聡 ]が駆けつける!

何が起こるか分かってはいても、このお約束が良いんだよな~。才人が何の迷いも無く戦闘機を操縦してる場面で、そういえばガンダールヴの力で「武器は何でも使える」んだったっけ。

シエスタ[ CV:堀江由衣 ]アンリエッタ[ CV:川澄綾子 ]、そしてティファニア[ CV:能登麻美子 ]タバサ[ CV:いのくちゆか ]も、あそこまで堂々と才人がルイズにプロポーズとなれば、これはもう祝福するしかないな。

個人的に良かったと思ったのは、エンディング中に描かれていた才人とルイズのその後のエピソード。一度自分の世界に戻った才人が、躊躇した結果押さなかった自宅の呼び鈴。それと同じ構図で、しかし今度はルイズと二人で。指輪をはめた左手でしっかりと呼び鈴を押す画は、ものすごく印象的。良い話を見たな~という余韻にどっぷりと浸らせてもらった。

▼バランスの良いストーリー
最後はエンシェントドラゴンの登場と、「リーブスラシル」のこともあったので、方向性としてはシリアスに。一方で、途中ではティファニアやルクシャナ[ CV:金元寿子 ]のおかげで、賑やかな雰囲気に。ひたすらシリアスに突っ走られると、それはそれで見ている方も疲れちゃう。

作品としての魅力を上手く活かして、バラエティに富んだエピソードを上手く詰め込んだファイナルシーズンだったと思う。

▼元祖ツンデレ?
いつの頃からか当たり前になってきた「ツンデレ」だけど、その言葉を意識したのはやっぱりこの作品がきっかけだった気がする。なんといってもルイズのそのわかりやすいまでにツンでデレな性格。この作品の魅力はルイズのツンとデレの割合にかかってる。

今作では、やはり今まで3クール分積み上げてきたこともあり、デレの方が多かった気はする。なんだかんだで才人も基本はルイズ一筋だからね。もう少し浮気してくれても、面白かったけど(笑)。

▼年月は経てど
前回の3期のテレビ放送から4年近く。それでも、全く変わらぬキャラデザとクオリティで作品を作り上げてきた。原画を手がけるスタッフだって当然入れ替わりはあるだろうけど、そんな中でもこの画だ。日本のアニメの制作システムって、やっぱり良く出来てる。 

ゼロの使い魔F(@AT-X HD!) / アニメーション制作:J.C.STAFF

|

« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) | トップページ | 戦姫絶唱シンフォギア(第12話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54297111

この記事へのトラックバック一覧です: ゼロの使い魔F(第12話):

» ◎ゼロの使い魔F第12話「ゼロの使い魔」 [ぺろぺろキャンディー]
=学園予想より早く来てるようじゃ。マル:ドラゴンがみえた。15リーグ!※単位はナウシカと同じだな。=サイトは家に帰る。サイト;ルイズとの契約はまだ残ってる。そして、家に... [続きを読む]

受信: 2012年8月14日 (火) 02時32分

« 灼眼のシャナⅢ-FINAL-(最終話:第24話) | トップページ | 戦姫絶唱シンフォギア(第12話) »