« 機動戦士ガンダムAGE(第28話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第3話) »

緋色の欠片(第4話)

Aパートでは、少しずつ打ち解けてきた珠紀[ CV:三宅麻理恵 ]と守護五家のちょっと和やかな時間。これにすっかり油断してたな~。Bパートは一転してかなりハードな展開に。

3話で初めてロゴスの面々が表立って登場した時は、どう見ても守護五家とは圧倒的な力の差がありそうだったし、何より学ランの学生5人とじゃその迫力が違った。ところがどうして、意外にも守護五家も頑張るじゃないか。特に真弘[ CV:岡野浩介 ]祐一[ CV:浪川大輔 ]の連係プレーには、ちょっと感激してしまった。

そして緋色の欠片始まって以来の本格的なバトルシーン。これがまた、バトルはオマケの作品とは思えないくらいに、気合いの入った作画。スピード感のある真弘の攻撃はもちろん、最初のぶっ飛ばされたときの威力とか、アイン[ CV:安元洋貴 ]に食らわせたお返しの一撃のパンチの重さとか、乙女ゲー原作とは思えないレベルだ。

まぁしかし、結局はそんな守護五家もロゴスに遊ばれていただけだったとは・・。流石にここまでの力の差はそう簡単にひっくり返せない。となると、ババ様[ CV:久保田民絵 ]の言う「珠紀の珠依姫としての覚醒」が鍵を握ることになりそうだ。

緋色の欠片(@TOKYO MX) / アニメーション制作:スタジオディーン

|

« 機動戦士ガンダムAGE(第28話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54545917

この記事へのトラックバック一覧です: 緋色の欠片(第4話):

« 機動戦士ガンダムAGE(第28話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第3話) »