« つり球(第3話) | トップページ | 夏色キセキ(第4話) »

アクセル・ワールド(第4話)

バックドア。いわゆる「トロイの木馬」と呼称される、特に珍しくも無くなった攻撃手法。逆にそういった知識があったせいか、俺は春雪[ CV:梶裕貴 ]千百合[ CV:豊崎愛生 ]との直結で発見したそれの感染源を、勝手にメールか何かだと思い込んでいた。

まして、シアンパイルの正体が、拓武[ CV:浅沼晋太郎 ]だったとは・・。この戦いの結果がどうなろうとも、おそらく春雪は千百合に本当の事は言わない気がする。そしてどう転んでも、春雪の親友だった拓武は、もう戻ってこない。

春雪の卑屈すぎる性格は、しかし俺には一方的に否定する事も出来ない。俺も基本はネガティブ思考の人間だし、春雪の置かれてきた状況、経験してきた人生を考えると、むしろ春雪に同情してしまう。だけどそれをきっぱりと否定してくれた黒雪姫[ CV:三澤紗千香 ]

千百合にしても黒雪姫にしても、春雪はホントに恵まれた環境だよ。後は本人次第。ブレイン・バーストがそのきっかけになるとすれば、黒雪姫もまた、自分を追い込むことも責めることも必要なくなるはずだ。

アクセル・ワールド(@TOKYO MX) / アニメーション制作:サンライズ

|

« つり球(第3話) | トップページ | 夏色キセキ(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54583484

この記事へのトラックバック一覧です: アクセル・ワールド(第4話):

» 2012年02クール 新作アニメ アクセル・ワールド 第04話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[アクセルワールド] ブログ村キーワード アクセル・ワールド 第04話 「Declaration;告白」 #AccelWorld2012 #ep04 第15回電撃小説大賞〈大賞〉受賞作。ラノベ・漫画化・アニメ化・ゲーム化など幅...... [続きを読む]

受信: 2012年5月 5日 (土) 15時39分

« つり球(第3話) | トップページ | 夏色キセキ(第4話) »