« 謎の彼女X(第3話) | トップページ | 緋色の欠片(第4話) »

機動戦士ガンダムAGE(第28話)

今回もまた随分とテンポの速い展開だと思っていたら、ここでアセム[ CV:江口拓也 ]は終了か。フロイ[ CV:石井康嗣 ]の裏切りなんかよりも、ロマリー[ CV:花澤香菜 ]がくっついたことの方が、よっぽど驚いたわ。

しかし、グルーデック[ CV:東地宏樹 ]が死に際に送信した内容が、こんなところで結実するとは。まさかフリット[ CV:井上和彦 ]はクーデターでも起こす気なのかと。そして同時に、フリットのヴェイガンに対する強すぎる憎しみには、ちょっと危うさを感じる。

そして結局、アセムとゼハート[ CV:神谷浩史 ]は再び出会うこと無く、このアセム編が終了したことになる。コールドスリープに入れられたその様子からすると、おそらくキオ編でも重要なキャラクターになるんだろう。(しかしキオ編のキャラ紹介に、フリットがいないのは何故?)

このガンダムAGEが全52話の4クール作品だとすると、残り24話。2クール分丸ごとキオ編ということになるとすると、ここからが遂に、そしてようやく本番だと思って良いんだよな?

機動戦士ガンダムAGE(@TBS) / アニメーション制作:サンライズ

|

« 謎の彼女X(第3話) | トップページ | 緋色の欠片(第4話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54545914

この記事へのトラックバック一覧です: 機動戦士ガンダムAGE(第28話):

« 謎の彼女X(第3話) | トップページ | 緋色の欠片(第4話) »