« あっちこっち(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第3話) »

ZETMAN(第3話)

とにもかくにも、明美[ CV:早水リサ ]が生きていたという事実に、[ CV:浪川大輔 ]同様、ホッとした。それと同時に、これからも明美の命を脅かされる可能性があるかと思うと、やるせない。

人としては、「自分で決断して、ZETMANとなることを選んだ」と思っているだろう。しかしどう考えても、この状況からして光鎧[ CV:飯塚昭三 ]に利用され、上手いこと乗せられたとしか思えない。人が決意の言葉を口にした時、昭三の口が緩んだのもその証拠。

かくして人(ジン)は、まるで自分が望んだかのようにお膳立てをされて"正義のヒーロー"に。一方で、本来望んでいた形とは全く違う状況で"正義のヒーロー"に仕立てられた高雅[ CV:宮野真守 ]。どちらも自分の心に矛盾と葛藤を抱えたまま、とにかく目の前に現れる敵と戦い続ける宿命。

単なる勧善懲悪のヒーローアニメとは一線を画した、シナリオの重さを感じる。

ZETMAN(@BS11) / アニメーション制作:トムス・エンタテインメント

|

« あっちこっち(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第3話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54525269

この記事へのトラックバック一覧です: ZETMAN(第3話):

« あっちこっち(第3話) | トップページ | アクセル・ワールド(第3話) »