« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第5話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第5話) »

氷菓(第3話)

なるほど、タバコ、ね。高校生的な感覚で思考すれば、今回の遠垣内[ CV:置鮎龍太郎 ]が"臭い"と"換気"で必至にごまかそうとしていた物が何か、すぐにピンときたんだろうか?俺は「タバコは隠れて吸うもの」っていう発想が、完全に何処かに飛んでたわ。俺は吸わないけども。

まぁそれにしても、改めて学校で制服のえる[ CV:佐藤聡美 ]を見ると、喫茶店で奉太郎[ CV:中村悠一 ]に一生懸命お願いをしているえるが、やたらに大人っぽく見える。というよりも、制服にストレートだと中学生くらいに・・。

さて、遠垣内のタバコは今回のエピソードではあくまでもオマケでしかない。本題は、ようやく発掘した「氷菓」というタイトルを冠した、古典部の文集だ。「省エネ」と自分に言い訳をしている奉太郎だけど、今回は明らかにえるの押しに負けたな。まぁ奉太郎の性格からして、えるの必至なお願いを断ることの労力を節約した、とでも言いそうだけどね。

その見つからない氷菓の創刊号。何か壮大なことが書いてあるのか、はたまた些細な事なのか。えるのあんな曖昧の手がかりで奉太郎が何を手助けできるのかと思っていたけれど、随分と早くに大きな手がかりにたどり着きそうだな。

氷菓(@テレ玉) / アニメーション制作:京都アニメーション

|

« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第5話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第5話) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/524102/54659677

この記事へのトラックバック一覧です: 氷菓(第3話):

» 2012年02クール 新作アニメ 氷果 第03話 雑感 [妖精帝國 臣民コンソーシアム]
[氷果] ブログ村キーワード 氷菓 第03話 「事情ある古典部の末裔」 #kotenbu2012 #ep03 京都アニメーションの渾身の作品。原作は、米澤 穂信氏。青春ミステリーということでどんな内容なのか楽し...... [続きを読む]

受信: 2012年5月16日 (水) 09時48分

« 咲-Saki- 阿知賀編 episode of side-A(第5話) | トップページ | 黄昏乙女×アムネジア(第5話) »